ブログ | 東進ハイスクール 川越校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ 

2021年 9月 27日 単元ジャンル活用法~関野先生編~

こんにちは、

久しぶりに運動したら身体中が痛む担任助手の関野です!

今日は私が実際に受験期の頃に行っていた

皆さん大好き単元ジャンルの勉強法について話していきたいと思いますが勉強法だけでなくメンタル的なことも話していこうと思います。

 

私がやっていた勉強法の一つ目ですが

単元ジャンルを活用している人達ならわかると思いますが

当たり前ですけど自分の苦手分野が沢山突かれていて、

たった1セットを習得するだけでもかなりの時間を要することがあります。

そこで単元ジャンルだけでなく受験勉強との向き合い方なのですが、

どんなときでも演習するような気持ちで毎日を過ごしましょう。

何を言っているのかと申しますと

皆さんは果たして勉強時間を最大化できていますでしょうか。

学校の10分休みのうち5分間だけでも演習、

朝早く起きて学校の1時間目が始まるまでに1時間だけでも演習、

果ては現役で受かるために友達との付き合いも制限するほどの覚悟はあるのでしょうか。

何も友達を捨てろと言っているのではなく、

無駄話や一緒にご飯を食べる時間を

何かを詰め込んだり解いたりする時間に充てられれば

周りの人達と勉強時間において一線を画することができるということです。

中にはこのようにしても第一志望校に落ちる人もいますので

受かるためにはこれくらいしないといけないのです。

 

話を戻して私がやっていた勉強法の二つ目ですが、

私がAIから出されたセット数が130近くと

過去問も2周目に入らなければならないのに

2ヶ月では終わらせるのが厳しい、絶望的な量が提示されました。

そこで私が攻めたのはすぐに終わる入力型の問題です。

数学や理科は2次試験レベルの問題しか無かったので

そこはきちんと答案を提出しましたが

英語、国語、地理はセンターや私立のマーク式の問題を多く解いてました。

本当にそれで良いのかと言う声も聞こえてきそうですが

実際に私の成績は上がったので良いと思います。

大切なのは

どんな形式を解いたかではなく何をその問題から得たか

だと個人的には思ってますし

AIも得てほしいことがあるからその問題を提示してるので

型にこだわる必要は無いと思います。

 

最後に私がやっていた勉強法の三つ目ですが

単元ジャンルは根性です!

これまで色んな先生が色んな方法を示してくれましたし、

これからも示してくれますので

何よりも大切な「やりきる力」、

言い換えると「根性」を僕は最後に皆さんに送りたいと思います。

私みたいに絶望的な量が与えられた人もいればそうでない人、

苦手を突かれまくって疲弊してる人、

受験勉強に疲れを感じ始めている人、

それらに似たようなたくさんの人達がいるかもしれません。

ですが今諦めて良い結果が得られるなど

天地がひっくり返ってもありません。

諦めなければ受かるとは言えませんが

受かる人は絶対に最後までやり遂げています。

現役で受かるためにこれからの約5ヶ月間、

全力で取り組んでみてください。

応援してます!

 

今回も長文となりましたが

これを読んで何かの支えになれば嬉しいです!

ありがとうございました!

2021年 9月 26日 数弱でも理系大学に合格する方法

こんにちは!担任助手一年の羽毛田です!


今日は数弱=数学が苦手でも理系大学に受かる方法をお伝えしようと思います。

私は理系科目、特に数学がただただ苦手で、

小学校の算数から苦手意識を持っていました。

中学1年生の人生初めての模試の数学で偏差値30を取ったほどです。

それでも理系の難関大学に受かるにはどうすればいいのか、

受験生活を通して3つ心掛けたことがありました。



①とにかく問題を繰り返し解く


これは実践的な勉強法になりますが、


数学的なセンスは1週間かそれくらいで身につくものではありません。


中学生のときからそれが身に染みていたので、


受験生のときは二冊ほどの問題集を入試本番まで五十周以上しました。


それじゃ答え覚えちゃうじゃん、と思う方もいると思います!


確かにそれくらいやったら答えは覚えちゃいます。


ですが、個人的には


ある程度のレベルの問題の解法がすべて身につき、


それによってみたことのない問題にぶち当たっても


とりあえず工夫して解いてみることができるようになりました。


数学の問題では


受験者ならば確実に完答する問題


合否を分ける解けないといけない問題


難しすぎて誰も解けず差が出ない問題がありますが


取らなければいけないのは当然最初の二つです。


いかにそこで確実に点数を取って、


難問で部分点を獲得できるかが勝負だと思います。!

 



②目標を明確にする


これは点数どうのこうのというより、


志望校の合格点数に達するレベルまで行くことを心がけることです。



たとえば第一志望校の2次試験でベクトルが一切出ないのに


ベクトルの問題ばかり頑張っても意味ないと思います。


また、数学より英語で点を取れるならば、


英語が重視の大学にした方が有利だったりします。


数学が得意になれなくても、

とりあえず志望校に受かればいいのです。


このように数学の本番で取らなければいけない点数や、


どの範囲を強化するべきなのか研究することが大事です。


私の場合、志望校では毎年最後に必ず微積の難問が出ました。


自分が受ける時も絶対に出ると思ったので、過去問10年分はもちろん、


どんな問題が来ても対策できるよう微積はめちゃくちゃ解きました。


そうしたことで本番は一番最初に微積の問題を解いて、

その後は落ち着いて問題を解くことができました!



③周りを気にしない!


どの教科もそうですが、


どんなに頑張っても上には上がいます。


限られた時間の中でトップに行くのは不可能だし、


数学はとくにそれが顕著に出る科目です。


しかも1ヶ月頑張ったくらいではすぐ点数や偏差値にはなりません。


だからこそ焦ってしまいますが、


周りのクラスメイトが

めちゃくちゃ難しい問題集を解いていたりしても

気にしちゃだめです。


自分にあった問題集を、自分に合ったペースで進めるのが1番です。


繰り返しますが、数学が得意になれなくても、


合格する点数を取れればいいんです!




最後に数弱は何があっても諦めてはいけません!!

苦手ならば結果が1ヶ月くらいで出ないのは当然です。

マイペースに机に向かい続けましょう!!

2021年 9月 25日 単元ジャンル活用法~戸口先生編~

こんにちは!担任助手1年の戸口です。

今回は“単元ジャンル活用法”ということで、
私がおすすめする単元ジャンルの使い方について紹介します!
 
 
1、1セットの修得条件を見て修得させる問題を決めよう
 
たとえば、2問だけ合格者平均を超えればセットの修得という条件なら、
 
まずはじめに修得させる2問を決める。
 
そして、1回で修得できなくても、
 
その問題を2回、3回と提出して絶対に修得するまでやりこむということです。
 
むやみにたくさんの問題に手をつけてもセットを修得するのは難しいです!
 
数問を完璧にしましょう!!
 
数問を完璧にするためのオススメの流れはこんな感じです。
 
 
1回目解いて提出
(おそらく合格者平均にとどかない)
  ↓
次の日に解答を見てもう一度解く
できなかったところはできるようになるまでやる!
  ↓
1回目の添削が返ってきたら
すぐにもう一度解いて2回目を提出する
 
このやり方のポイントは
 
すぐに完璧な2回目が提出できるように復習をよくするということです。
 
すると、自分の添削が返ってくるまでの時間を無駄にせず、
 
8割がた2回目の提出でその問題を修得できます!
 
 
 
2、自動採点の問題をうまく活用しよう!!
 
パソコンの画面だと、単元ジャンルの問題の採点方法での絞り込みができます。
 
自動採点の問題だとどんないいことがあるかというと、
 
自分が提出したものが添削されて返ってくるまでの時間を短縮できるということがです!!
 
これによって単元ジャンルを効率良く進めることができます!
 
ただ、自動採点の問題にも欠点があります
 
それは、復習が甘くなりがちだということです。
 
テキトーにやっても当たってしまいますし、答えを覚えるのも簡単です。
 
しかし、そのような方法で修得したとしてもそれは身になおらず、無意味です。
 
よく復習し、身につけるという気持ちでやりましょう!
 
 
3、本当にわからない単元は基礎にもどる
 
難しい問題が解けない原因は基礎にあることがとても多いです。
 
一旦もどって基礎を固めなおしましょう!
 
学校で使っている基礎的な問題集をやったり、
 
受講のテキストを見直したりで大丈夫です。
 
基礎の穴を埋めていきましょう。
 
去年、私は基礎をおろそかにして難しい問題ばかりに手を出していました。
 
その結果、基礎が穴だらけで実力をつけることがてまきませんでした。
 
難しい問題を解いて経験を積むというのもいいですが、
 
基礎を固めていないと経験したことのない問題は解けなくなってしまいます。
 
苦手だと思った単元は必ず基礎にもどりましょう。
 
 
 
単元ジャンルは難しい問題が多く、めげそうになることもあるかもしれません。
 
それを乗り越えて合格を掴み取りましょう!!
 
応援しています!

2021年 9月 24日 後悔ではなく…

こんにちは!

1年担任助手の松本です!

 

今回のブログは「後悔」について話したいと思います!

受験勉強って精神的にキツくなる時ありますよね。

僕もありました。

夏休みもっと勉強すればよかったとか

なんなら高校1年から勉強すればよかったとか

後悔している人も多いのではないでしょうか。

 

そんな時

みなさんの中には後悔して、メンタルがやられて終わってしまうという人も多いと思います。

僕は受験勉強の中で

後悔したことはありません

え、って思うかもしれませんが本当に一回もありません。

なんなら人生で後悔したこともないです。

でも、「反省」はめちゃくちゃします。

後悔は過去を悔やんで終わりますが、

反省は次の糧になります。

 

当たり前のことですが、忘れている人も多いと思います。

例えば模試が悪かったとしても僕は悲しいという感情はありませんでした。

でも、どこが解けなかったのか

どんな勉強がこれから必要なのかという、

反省は誰よりも考えて実行しました。

これが出来る人と出来ない人とでは

これから受験までの半年もない期間で大きな差を生むと思います。

 

なので、後悔ではなく、

みなさん反省して次の勉強に繋げましょう!

2021年 9月 23日 志望校別単元ジャンルHR実施しました!

こんにちは!

最近お金を貯め始めた森田です。

 

今回は先日行った

志望校別単元ジャンルホームルームについて話します!

 

そのホームルームで伝えたかったことは二つあります。

一つ目は、全てのセットを10月末までに完全修得しなくてはいけないということです。

なぜこれをやらなくてはいけないかというと

11月1日からまた新しく第1志望校対策演習が始まってしまいます。

これは全てのセットを終わらせていなくては意味がありません。

また10月末までに終えられないと

その後の勉強が全て後倒しになってしまい、

受験近辺の勉強にも直接影響を与えてしまうこともあります。

なので必ず全てのセット10月末までに終わらせましょう。

 

二つ目は復習をしっかりしましょう。

復習をしっかりしなければ、苦手は克服されず、

単元ジャンルをやってる意味がなくなってしまいます。

復習をしっかりすれば、穴をできるだけ多く埋めることができ、点数も上がってくることでしょう。

 

二つ言いたいことがありましたが、

結局1番言いたかったのは、

もうほんとに時間が残ってないということです!

自分が今何をすべきかを考えて勉強しましょう。

あと共通テストまで約120日です。

今までの大変な生活がありましたが、そこで全て決まってしまいます。

後悔が残らないように頑張りましょう!