合格体験記 | 東進ハイスクール 川越校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 - Part 2

現役合格おめでとう!!
2022年 川越校 合格体験記

明治大学
商学部
商学科

只野 翔大 くん

(川越南高等学校)

2022年 現役合格
商学部
僕はこの大学受験を通して、東進で勉強をして良かったなと感じました。僕は英語がとても苦手で高校1年生の夏にに東進に入学しました。 英語の何から手を付ければいいのかわからなかった僕に東進のスタッフが1から教えてくれたので迷うことなく勉強を始めることができました。 英語の講座は渡辺勝彦先生の文法から始めて、それが終わったら構文の講座をとりました。これらの講座も東進のスタッフと相談をしながら選択できるので 安心して勉強ができました。僕はこの英語の講座と同時に高速基礎マスターをやりました。高速基礎マスターでは英単語と英熟語をすばやく覚えることができるので おすすめです。高校1年生の頃は部活が週6であったため、東進では英語の勉強に力を入れ、他の教科は学校の教材を使って勉強しました。英語を早期から勉強開始したことはとても よかったなと、高3になって気が付きました。高2からは古文と現代文の講座を取り始めました。古文は古文常識が大事で古文の勉強開始がおそいと古文常識まで手を付けれないので、 少し早めに始めるのがいいと思います。高2の冬から日本史を始めましたが、この時にある程度英語が完成してるといいとおもいます。日本史を勉強を始めてからは時間の確保がとても 大事でした。部活の隙間時間を使って、一問一答をするようにしました。そして共通テスト同日体験模試を行いました。しかし成績は伸びず、6割くらいしかとれませんでした。僕は落ち込み、 英語を1からやり直すか迷ったりしましたが、東進のスタッフと面談をしたら、自分がやるべき勉強が明白になりました。すると、次の模試で成績が伸び、とても嬉しかったです。 夏は第一志望校の過去問にとりくみ、10月からは単元ジャンル別演習を行いました。この単元ジャンル別演習が自分の学力を高めてくれたなと感じました。12月の模試で8割とることができたのは 単元ジャンル別演習のおかげだと思います。僕は単元ジャンル別演習を共通テスト本番の前日までやりました。その結果本番では3教科の合計で9割とれたのでよかったです。私立入試も順調に進み、 進学することができたので良かったです。

明治大学
文学部
史学地理学科

遠藤 優奈 さん

(淑徳与野高等学校)

2022年 現役合格
文学部
私は高校1年の秋に東進ハイスクールに入学しました。この頃はまだ自分の志望校がはっきり決まっておらず、勉強のモチベーションがなかったこともあり、勉強する習慣が身についていませんでした。東進に入学してからは、毎日登校、開館登校、閉館下校をして、周りの人より多く勉強時間を取るように心がけていました。東進のおかげで高校1年のうちからこのように多く勉強時間を取ることを習慣にしてきたので、いざ受験生になっても、あまりしんどいと感じることはありませんでした。 私は受験生になっても、共通テスト形式の問題が苦手で、共通テスト本番レベル模試ではいつもD,E判定ばかりとっていました。そのため、共通テスト本番レベル模試で間違えた問題はちゃんと解きなおしをしつつ、私大の過去問演習講座と、志望校別単元ジャンル演習講座を中心に、ひたすら演習を重ねていきました。私大の過去問演習は、第1志望校の10年分を2周、第2~5志望校の5年分を2周して、その大学の形式に慣れたおかげで、段々点数が取れるようになりました。 苦手な現代文も、志望校別単元ジャンル演習講座を受験直前も毎日2、3題解いていたため、合格した明治大学文学部の入試本番では、現代文で今までの最高点を取ることができました。模試などでいい結果が出なくても、周りより多く勉強時間を確保し、今やるべきことをひたすら行ったことで、自分の行きたかった大学から合格をもらったときはすごく嬉しかったし、いままで一生懸命やってきてよかったと改めて感じます。皆さんも自分を信じて、後悔が残らないように頑張ってください。

明治大学
文学部
文学科

島村 夏輝 くん

(山村学園高等学校)

2022年 現役合格
文学部
東進には1年生の夏休み明けから入りました。 英語がとても苦手だったので、基礎的な英語から学び、ひたすら高速マスターを行う日々でした。 特に二年生の夏休みには、毎日3時間は高速マスターを行っていました。 毎日登校してこつこつと積み重ねることはとても大変でしたが、これを行っていなかったら、英語の能力は伸びなかったと思います。 第一志望には合格することができなかったので、少し物足りない感じはありますが、東進に入る前では考えられなかったような大学に合格することができて、達成感があります。 一年次、二年次と英語に打ち込んでいましたが二年生のときの共通テスト本番レベル模試では、六割ほどしか取れずとても心配でしたが、そのまま勉強を続けて一月の同日体験模試では、9割を超えることができました。結果がでない事のほうが多いかもしれませんが、やはり継続することはとても大切なのだとあらためて感じました。 志望校別単元ジャンル演習では、自分の苦手分野を徹底的に学ぶことができます。安定しない分野、問題形式の様々な種類の対応する問題を用意してくれるので、苦手を潰す役に立つと思います。 将来は、声優やメディアに関わる仕事をしたいと思っています。この夢は、高校二年生の終わり頃に決まりました。 自分のように夢が決まったときに、それに向かっていくことができるようにこつこつと頑張る事が大切だと思います。 ぜひ頑張ってください。

法政大学
理工学部
創生科学科

植田 康心 くん

(坂戸高等学校 )

2022年 現役合格
理工学部
私は、高校一年生の時に、将来のことを考え先生になりたいなと思うようになりました。志望校のことを詳しく考え始めたのは高校二年生の時でいろいろな大学を調べていくうちに、法政大学が自分のやりたいことにぴったりだと思ったので、法政大学を第一志望校に、決めました。それは、なぜかというと私がなりたいのは数学の先生で数学ができるというのが第一にあって、それのほかに物理のことや、宇宙のこと、人間心理学など自分の興味があることをたくさん学べると思ったので法政大学理工学部創生科学科に決めました。  受験勉強では、部活が終わってからは毎日学校が終わった後に、そのまま塾に行ってました。でも、今思えば塾には来てはいたのですがその中では最大限に勉強できていなかったと思います。また、受講の面では、授業を受けた後の復習がほんとに大事だと思いました。私は受講が遅れて復習をほとんどできていなかったので、余裕を持つことが大事だと思いました。私は、志望校別単元ジャンル演習が大好きでたくさん演習をやっていて自分の弱点を見つけてひたすらトライ&エラーを繰り返していったのは、良かったと思います。4月になって大学に行っても自ら勉強をして、将来の夢に向けて頑張っていきたいです

芝浦工業大学
工学部
電子工学科

山田 士鷹 くん

(川越南高等学校 )

2022年 現役合格
工学部
東進での思い出は、グループミーティングでグループの人達と一緒に問題を解いたことです。難しい問題を他の人と一緒に解くことで、自分にない考え方を知れたり、自分が他の人に教えることで理解を深める事ができました。このような東進での日々を送り、第一志望の芝浦工業大学に合格することができました。今の気持ちは、非常にうれしい気持ちで胸がいっぱいです。約1年間この環境で勉強ができて本当に良かったです。私が思う東進をうまく活用するコツは、できる量を徹底的にやりきることだと思います。東進には便利な勉強ツールが多く、自分の成績を伸ばす環境がとても整っています。特に講座は、一つの講座でも非常に密度が濃く、完璧にやりきるには時間がかかると思います。今の自分に何が必要なのかを、東進のスタッフと共に自己分析をして、計画的に、徹底的に勉強を進めることをお勧めします。私が進む学部学科は、工学部電子工学科というところです。電子工学とは、どの様な学問なのかを簡単に言うと、電子運動による現象を理解し、その現象を研究し、その現象を応用する技術や装置を研究、開発する学問の事です。とても最先端のことを学ぶことができ、環境問題や医療などの幅広い分野に応用することができます。大学生活を通して専門的な知識を獲得し、今ある世界の問題解決に少しでも貢献できる人財になりたいです。

校舎情報

川越校

川越校
地図
川越市脇田本町26-8 ( 地図 )

電話番号0120-104-538
(または049-241-8151)