推しの講師紹介~苑田先生編~ | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2020年 3月 2日 推しの講師紹介~苑田先生編~

こんにちは。担任助手2年の笹本です。

今日は私がオススメする東進講師の苑田尚之先生を紹介したいと思います。

 苑田先生は、高等学校の物理の範囲を微積分を使って背景がわかるように解説してくださいます。受験業界では、微積分を使った物理に関して賛否両論がありますが、自分は高校生のうちから微積分を使ってしっかり物理を理解しておいて良かったと思います。

そう感じる理由は2つあります。

1つ目は大学受験において、問題の見通しがよくなります。やはり背景がわかっているからこそ問題を見た時に瞬時に解き方が浮かびます。公式だけ暗記しているだけでは、どれを使うのだろうと迷って最後の最後には問題ごとにパターン化することになるでしょうが、微積分で理解しておくとそのようなことは起こり得ません。

2つ目は大学進学後の勉強がスムーズにできます。理系であれば、どの大学でも物理学が理系の分野の素養であることから、1年時に古典物理学を学ぶかと思います。もちろん大学なので、微積分を使うわけですが、その内容のほとんどは高校生のそれと被ります。

高校生の時に済ましておけば、大学で苦労することもなくなるのに、周りの大学生はそこでつまずいてしまってる気がしたので、自分は高校生の時に勉強しておいて良かったと思います。

 

微積分で物理をやるメリットはこんなところですが、これを独学で勉強するのは厳しいです。自分は苑田先生に習って頭の中にたくさんあった様々な公式が一気に整理されました。みなさんも物理に興味があればぜひ苑田先生の授業を受けてみてください。