夏休みの勉強法~アウトプットで差をつけろ~ | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2019年 7月 1日 夏休みの勉強法~アウトプットで差をつけろ~

担任助手1年の市川です。

今回は夏休みの過去問演習について

書いていこうと思います。

まず、夏休みに必ずやらなければいけないのは、

センター試験の過去問です。

理想は夏休みの最後にあるセンター試験本番レベル模試で、

センター試験本番の目標得点を取る事です。

過去問演習をする際は、時間配分を気にかけてやるようにしましょう。

センター試験は時間配分が命です。

自分に合った時間配分を見つけることを意識しつつ、

目標点を突破できるようにやってみてください。

さらに、本番の試験では少なからず緊張すると思うので、

過去問演習では実際の試験時間より

短めに制限時間を設定し、解き切る練習をしましょう。

次に、センター試験は受けない、模試ですでに目標点超えている、

センター試験の得点がほとんど二次試験に影響しない、などの人は、

時間がたっぷりある夏休みにたくさん大学の個別試験

過去問をたくさん解いてください!

ただし、ひたすら解いていくだけでは力はつきません。

間違えた問題はきちんと時間をかけて復習するようにしましょう。

時間を有効活用し、夏休みで他の人と差をつけましょう!!