担任助手をやって良かったことは? | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2019年 12月 23日 担任助手をやって良かったことは?

こんにちは!担任助手一年の髙橋です!
今回は、四月から担任助手をやってきてよかったことについて書きたいと思います。

私は大学受験では第一志望の大学に落ちました。担任助手の中には受かった人もいて、成功体験を後輩に伝えたいと思ってやっている人もいますが、私の場合は自分がなぜ落ちたのかを生徒に伝え、同じような失敗をしてほしくないと思い担任助手を始めました。

実際に担任助手をやってみると、色々な成績状況の生徒や、勉強の仕方をしている生徒がいました。個々に合った勉強のペースややり方を考え、生徒に教えることはとても難しいことでした。しかしながら、それが結果として実るかはまだわかりませんが、そのことを考えたこと自体が私の成長にも繋がったと思っています。まだ受験は終わっていないません。最後までやり通してこその担任助手だと思っているのでまだまだ試行錯誤していきます。

また、教育関係の仕事を体験してみることで、社会に出てから必要とされていることや業務などを知ることができました。このことは将来社会に出てからも役に立つと思います。

担任助手は様々な人と関わることで自分の成長を促すことができるいい機会です