8月 | 2019 | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ 2019年08月の記事一覧

2019年 8月 19日 大学の授業~物理学科編~

こんにちは。担任助手2年の笹本です。 今日は物理学科の自分が受けている授業についてお話ししようと思います。

物理学科なので、理数系が多いですがとっている授業と軽くコメントを書きます。

確率:高校でも習う確率ですが、大学でも勉強します。確率を関数として扱う確率関数という概念が出てきます。

複素解析:実関数の微積分は高校でもやりますが、それを複素に拡張したらどうなるのか?を扱います。理解すればコーシーの天才さに驚きます。

振動波動論:波動方程式という2階の偏微分方程式の解から世の中の振動現象を解析する学問です。

応用解析:任意の振動を三角関数に分解するフーリエ展開を主に学びます。これを学ぶことで熱方程式をディリクレ境界値問題やノイマン境界値問題のもとで解くことができるようになります。

解析力学:古典物理学と量子論(近代物理学)を結ぶ架け橋となる学問で、オイラー・ラグランジ方程式とハミルトニアンを基礎に運動を解析します。

量子力学:古典物理学の欠陥を補う物理学体系で、シュレディンガー方程式から世の中の現象を説明します。粒子の運動は全て確率的だという考えが斬新で面白いです。

理工学基礎実験:実験です。1週間後にレポートを提出しなければならないので、超大変です。

線形代数:線形性という数学的に極めて大切な性質について学びます。それらが作り出す美しい体系に感動するはずです。意外と高校の内容ともリンクしているので、親しみやすいです。

どれも名前がかっこいいですよね?? 物理に興味がある方はぜひ大学でその知識を深めてみてはいかがですか?

大学の勉強は高校の勉強の何倍も難しいですが、理解したら何倍も楽しいものです。

皆さんもぜひ楽しみにしていてください。

2019年 8月 16日 【大学入試改革】大学入試の基礎知識説明会を実施します

2019年 8月 11日 校舎休館日中の学習について

http://bit.ly/2KDBnXb

2019年 8月 10日 大学紹介~東京農工大学~

こんにちは!担任助手1年の外山です。

今日は私の通う東京農工大学について

紹介したいと思います︎

東京農工大学は、

農学部工学部の2つの学部からなる国立理系大学です。

農学部は府中、工学部は小金井にキャンパスがあります。

それぞれの学部についてと、

農工大全体としての特徴を紹介していきたいと思います。

まずは農学部

充実した実験設備研究室に加え、

農学部には農場があります。馬や牛が飼育されており、

農学部生は実習で関わることもあるそうです。

馬に関わるサークルもあり、よく学生が馬を連れて

キャンパス内を歩いている風景を見かけることがあります( ¨̮ )

実習で作物を作ることがあり、

それを販売する施設もあるんです!

続いて工学部

工学部も実験設備が充実しており、

それぞれの専門に特化した実験を行うことができます。

学生実験用から研究室用まで、多くの実験器具や装置があり、

実験室では迫力を感じます。また工学部には科学博物館があり、

大学に関する資料や現在の教育研究活動について展示されています。

どちらのキャンパスも自然が豊かであり、

のびのびと過ごすことができます

映画、ドラマの撮影に使われることもあり

私も実際に撮影しているところを

見かけたことがあります!

また、農工大は教員1人あたりに対する学生数が少なく、

少人数による教育が行われています。

講義や実験時のサポートが手厚く、学習する環境が整っています。

自分のやりたい勉強を多くできる大学の授業は

とっても楽しいです!

何について学びたいかをよく考えて、

実際に大学に見学に行ってみて、

理想の大学生の生活を想像してみるのも面白いと思います!

思い描いた大学生になれるよう、

勉強頑張っていきましょう!

2019年 8月 9日 大学紹介~早稲田大学建築学部~

皆さんこんにちは!担任助手2年の仲西亮です。

大学・学部紹介をしていますが、

川越校には建築学科に通っている担任助手が多いということで…

建築学科の中でも早稲田大学の

建築学科について話していこうと思います(^^)

《特徴》

2010年に創設100年を迎えた早稲田大学建築学科は

東京大学に次ぐ歴史をもつ、私立として最初の建築教育機関です。

早稲田大学といえば…大隈講堂

テレビやオープンキャンパスで見たことがある人も多いと思いますが、

この建物は早稲田大学建築学科を創設した佐藤功一

はじめとする当時の建築学科のメンバーが中心となって建設したんですよ!

早稲田大学の建築学科といえば意匠(デザイン)

強いイメージがあると思いますが、

今はゼネコンや官公庁への就職も増えており、

幅広い会社で活躍しています。また学部卒業生の

7割以上がが大学院へ進学します。

《入試情報》

早稲田大学建築学科の入試の特徴といえば、

空間表現(デッサン)の試験があることです!

難関大で実技試験があるのはとっても珍しいです。

目指している人の中には早稲田はデッサンがあるから…と

心配になる人もいるのではないでしょうか??

自分もその中の一人でした(^_^;)詳しい内容が気になる人は僕のところまで!

残りの科目(英数物化)は理工学部共通の問題となってます。

科目別の傾向やどうやって対策していけばよいか

知りたい人も僕のところまで来てください! 

長くなりましたが、

最後まで読んでくれてありがとうございました!

実際、僕がどういう生活しているかは

また今度の機会にお話します(^^)同じ学部・学科だとしても

大学によって雰囲気や生活が変わってくることもあります!

だから色々な大学に足を運んでみるといいかもしれませんね!