全国統一高校生テストとは?(申し込み受付中!!) | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2020年 9月 25日 全国統一高校生テストとは?(申し込み受付中!!)

こんにちはー。担任助手3年の笹本です。
 
本日は、私から高校1・2年生に向けて、
東進ハイスクールのビックイベント『全国統一高校生テスト』のご紹介をさせて頂きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
この全国統一高校生テストは、2020年度から導入される共通テストの予想模試になります。
 
 
 
そう聞くと、「受験生が受ける模試か〜」と思いますよね。
もちろん、過去問がないからこそ、予備校が出している予想問題はたくさん解くべきなので、受験生にも受けてもらいますが、、
 
 
 
この模試は、高校1・2年生も受験可能ですし、絶対受けてほしい模試なんです!!
 
 
では、なぜ高校1・2年生にも受けてほしいか学年別にお話ししましょう。
 
 
まずは、高校1年生が受けるべき理由をお話しします。(高校2年生の人は読み飛ばしてもよいよ〜)
 
理由は二つあります!
 
まず、一つ目の理由は、
『受けるだけで一歩リードできる!』
 
はっきり言ってしまうと、学年別に見ると、高校1年生が一番受験人数が少ないです。それは当たり前ですね。周りがまだ、受験モードじゃないから、「模試めんどくさー」ってなってるんですね。
そんな中、この記事を見てくれている高校1年生の君が受けてくれたら、全国のライバルよりも一歩先を行けるはずです。もちろん、全然解けなくたって、ボロボロだって構わない。
だって、受けただけで、問題形式を知れるし、自分の弱点を知れるじゃないですか!!
一日中家でボーッとしているよりも絶対貴重な1日になりますよ。
それに東進の模試は解説もきちんとついています。それを使って復習したり、わからない問題を担任助手の先生に聞いてみたり、、と模試を受けた後の行動次第で本当に全国のライバルを引き離せます!
 
 
 
次に、二つ目の理由は
『自分の勉強の定着度が分かる!』
 
例えば、この記事を読んでくれている君が東進生だった場合、普段受講している講座がきっちり身についているか確認できます。
もし点数が悪くても落ち込まない。きっと講座の復習が正しくできていないんです。担任の先生や副担任の先生との面談で、正しい復習法をきちんと身につけよう!
 
 
そして、この記事を読んでくれている君が東進生じゃない場合、ぜひ受験して学校の授業で習ったところがしっかり身についているか確認してみてください。学校の授業はどんどん先に進むので、前のことを忘れてしまっていることが多いと思います。
僕なんかも、学校の授業のペースが結構早くて、意外と基礎的な公式を忘れてしまっていたりしたのですが、模試を受けていく中で、思い出して、しっかり復習できました。
 
 
そして、何よりおすすめなのが、東進に通っていない生徒に対しても
東進では帳票返却の際に、大学生の担任助手が、苦手分析・成績を上げるためのアドバイスを行います!!
やっぱり、自分一人では分析って難しいですよねー。受験は一人じゃありません。僕たちが受験してくれた高校生をしっかりサポートします。個別の受験相談なども受け付けています。ぜひ模試を受けてフル活用してください!
 
さて高校1年生のみんなが受けるべき理由はこんなところですかね。
 
 
 
 
次に、高校2年生が受けるべき理由ですが、もちろん高校1年生同様、周りの同学年より一歩リードする、あるいは勉強の定着度チェックのために受けてもらうのもよいのですが、高校2年生にはもっと大きな理由があります。
 
それがこのデータになります!!
 
 
 
 
 
 
このデータが示していることは簡単です。
『入試の1年前が勝負!』ということです。
 
東進生の皆さんは、同日受験と呼ばれる受験をしてもらいます。
また、東進生ではないこの記事を読んでくれている高校2年生もぜひ受けてください。
同日受験では、実際の共通テストの問題を1年前の高校2年生に解いてもらいます。
上のデータは、センター試験のデータですが、横軸が同日受験の際の点数、縦軸が最終的な合格率になっています。同日受験の点数が高ければ高いほど、最終的な合格率が高いことが分かります。ほぼ直線的に変化していますね。
 
 
つまり、高校2年生は【まだ1年ある】という考えは捨てましょう。
これからは、【あと100日で同日受験の日が来る】という意識を持ってください。極端なことを言うと、同日受験から、みんなの受験は始まります。同日で自分の目標点を超えて下さい!そうすれば、きっと1年後は目標とする大学に届くはずです。逆に同日がボロボロだったら、、高校3年生で苦しくなります。
 
入試は1年前に勝負が決まってしまっているんです。
だとしたら、この10月の全国統一高校生テスト受けないわけにはいきませんよね?
 
 
まず、問題形式をしっかり知る。そして自分の弱点を分析する。足りないところをしっかりと勉強して、同日で目標を突破しましょう!
 
ここまでで、受けなければいけない理由が分かったかと思います。
 
 
あとは、当日までしっかりと勉強するのみです!
まだ、申し込んでいない人は、こちらから申し込みができますので、ぜひ積極的に挑戦してみてください!
 
 
 
 
 
最後に簡単に当日の注意です。
当日は、本番さながらの雰囲気で受験しましょう。
受験教室に時計があるからといって、時計を持っていかない生徒をよく見かけますが、本番に持っていくのだから、模試の時もしっかり持っていきましょう。
 
普段の模試を本番だと思って受ける。そういった雰囲気作りをいかにするかも大切です。
最近は、社会情勢から、あらゆる模試でオンライン形態の受験が可能になりました。
しかし、考えてみると、大学入試のオンライン化はあまり聞きません。二次試験を中止する大学もありますが、やはり入試は試験場に行って受けるというのがほとんどです。だとしたら、模試だって当日の雰囲気をしっかりと味わうために、試験会場で受けることをおすすめします。
東進の全国統一高校生テストは、試験会場で受けるかオンライン受験か選択できるので、ぜひ皆さんには、試験会場まで足を運んでほしいと思っています。
 
 
長くなりましたが、合格のために模試をフル活用して下さい。期待しています!!