高校2年生の葛藤 | 東進ハイスクール 川越校 大学受験の予備校・塾|埼玉県

ブログ

2021年 12月 2日 高校2年生の葛藤

こんにちは!

12月に入ってもうマフラーが手放せない

担任助手1年の中島です!

 

受験生のみなさん!

共通テストが近づいてきましたね!

残り約1ヶ月半をどう使うかで結果は変わります!

全力でやるべきことをやってください!!

 

今回のブログは高校2年生

(1年生と中学生にも読んでいただきたいです!)

に向けて、

この時期に考えてほしいこと、

後悔しないための選択などを

私の「高2の葛藤」を通してお伝えします!

少し長くなりますが、

読んでいただけると嬉しいです!

 

私が東進に入学したのは高1の2月です。

小中高一貫の学校に通っていたため、

小学校の受験しか体験したことがありませんでした。

また小学生、中学生の時に塾に通った経験はなく、

受験関係のことは全くの無知でした。

そのため、大学受験という

その後の人生を大きく左右するものに対する恐怖心が強く、

早めから対策をしなきゃ!と思い、

東進に入学しました。

ただ、そういう自分に満足をしてしまっていました

入学したての頃は

決めた予定を上回るスピードで

高速基礎マスターや受講を進め、

なるべく毎日登校するようにしていました。

しかし、高2の夏になると、

それまでのスピードはどこへ行ったのか、

全く登校しなくなり、

もちろん学習のペースも落ちました。

高2の11月は次の講座を決める時期なのですが、

その時点で残りの受講コマは100個以上

高速基礎マスターは単語、熟語までしか手をつけておらず、

本当にひどい状況でした。

自分でもなんとなくは気づいていたのですが、

自分に甘かったというのもあり、

なかなか本腰を入れることができませんでした。

その時、

当時の担任助手の先生に

「このままじゃやばい、

どうすればいいのかわかるよね?

1回全力でやりなさい」

と言われ、目が覚めました。

残りの受講コマ数を日数で割って

1日に何コマ授業を受けなければいけないのか、

高マスは1日何回行うのかを自分で決め、

それをとことん遂行しました。

1日に5コマやる日もありました。

高マスは3月で文法まで完全修得し、

英語の点数も伸びてきました。

 

私は1年前に気づいたから

今自分の目指したいものに

向かうことができています。

高校2年生のみなさん、

今が気づくチャンスです!

自分の今の状況を把握して、

やらなければいけないことを

やり遂げてください!

もし、何かわからない、

アドバイスが欲しいという人がいれば

近くに担任助手がいます!

どんな相談にも乗ってくれます!

なんでもいいので話してみてください!

最後にもう一度言いますが、

今が最後のチャンスです!

全力でやりましょう!!