頑張っている東進生!~関野先生編~ | 東進ハイスクール 川越校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2021年 10月 7日 頑張っている東進生!~関野先生編~

こんにちは、対面の授業が始まって友達が増えている担任助手の関野です!

今日は志望校別単元ジャンル演習を頑張っている生徒たちを紹介していこうと思います!

3人紹介していくのですがそれぞれA,B,Cさんとします。

 

まず最初にAさんです。

Aさんは国立志望ということもあり

2ヶ月で終わるかギリギリの提示数が出ました。

本人も焦っていて

学校の昼休みや10分休みも使ってとにかく演習しているらしいです。

素晴らしいですよね!!!

その心構えに僕は合格を与えたいくらいです!

とにかくコンスタントに、時間があれば演習に充てる。

まさしく受験生の鏡ではないでしょうか。

その気持ちで最後まで走り抜ける、

つまり諦めないでゴールすることが

これからの人生にも役に立つでしょう。

いい結果が出ることを祈ってます!

 

2人目のBさんですが

Bさんも大量に問題が出ていて

しかも記述の問題が多く、

提出してもほとんど合格点に届かず再度提出しなければならないと

落ち込んでいました。

しかしそこで単元ジャンルは

自分の苦手を突いてくるものだから

1発で合格点に届かなくても不思議ではない

私、関野も受験生だったころ

単元ジャンルで絶望的な量が出てきたけど食らいついたこと。

僕はBさんを応援してること! 

など色々励ましたら

最終的にやる気になってくれて今も頑張ってます!

頑張らないと受かりませんからね、

気合い入れていきましょう!

Bさんだけでなく色んな人が

大量に問題出てきて落ち込んでます

と言うのですが

僕も受験生の頃

130セットほど大量に出たけれど

なんとか食らいついていったと話したら

「関野先生が出来たんだから自分も出来る!」と元気になってくれます。

色々と思うところはあるのですが

生徒が元気にやる気になってくれれば良いのでしょう!

 

最後にCさんです。

Cさんに単元ジャンルをどう進めてるのか聞いてみたら

とてもスマートな答えが返ってきました。

Cさんは提示されたジャンルで

自分の苦手な問題やパターンを想像して

それに一番近い問題を選んで解いてるみたいです。

自分の苦手をしっかり把握してないと出来ないことで

よく自分を研究しているなと思いました。

このまま上手く効果的に勉強していって

是非とも合格を掴み取ってほしいですね!

 

いかがでしたでしょうか

もう10月で受験まで時間が無い中、

受験生たちは全力を尽くしています。

皆さんがいい結果を得られることを祈ってる限りです。

 

御精読ありがとうございました!