頑張っている東進生!~土井先生編~ | 東進ハイスクール 川越校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2021年 10月 12日 頑張っている東進生!~土井先生編~

こんにちは。

後期から調理学実習が始まり

本格的に栄養系らしくなってきてワクワクしている、

担任助手1年の土井です!

 

今回は私の担当するグループミーティングと

そこで頑張っているメンバーについてご紹介したいと思います。

まずグループの名前は「音奏高3」と言います。

名前の通り高校3年生で理系選択の女の子7人のグループです。

様々な高校に通うメンバーですが、

半年近く一緒に頑張ってきて今ではお互いに

「修了判定テストやったの?」

「過去問10年分終わった?」

と声を掛け合うくらい仲良くなっています!

お互いに高めあうことで、

先月まで行っていたグループ別の世界一周旅行では、

最初から最後までずっと1位を独走していました!

そんな7人のメンバーから2人をご紹介したいと思います‼

 

1人目はNさんです。

Nさんは自分がとても緊張しいであることを自覚していて、

自分自身と「受験に関して弱音をはかない」と約束しています。

私も緊張しいなので気持ちがとても分かりますが、

それを言い訳にするのではなく

自分を強くする方向に昇華できていて

ステキだなと思っています!

実際にNさんは模試の次の日には

手ごたえがどうかに関わらず自己分析をして

次にむけて何をするべきか考え終わっています。

大切なことと分かっていても

なかなかできることではないですよね。

勉強に関しては「なんで」という視点を大切にしています。

例えば、解けなかった問題の解説をみる際には

何を思いつくべきだったのかを意識的に確認しているそうです。

特に理系の科目では

一見違うように見える問題が同じ考え方で解けることがあります。

そのためとても有効な復習方法だと思います!

 

2人目はAさんです。

毎日コツコツと頑張っているAさんですが、

実は1度止めてしまったら戻れないタイプなのだそうです。

そのため絶対に止めない、

周りみんなから頑張っていると思われるくらい

頑張ると決めているそうです。

実際、他の担任助手やグループのメンバーから

「Aさんすごく頑張っているね」

「Aさんくらい私も頑張る

という言葉をきいたことがあります。

Aさんの「成績では負けても努力では負けない!!」

という強い想いが周りの人にも確実に伝わっている証拠だと思います。

Aさんと話していると

頑張ることは当たり前

という考えをもっているのだろうなと感じます。

確かに当たり前のことではありますが、

それを実現できている人は少ないように思います。

なので自分も頑張らなければな、

ととても刺激をもらえる生徒でもあります。

 

以上、頑張っている2人を紹介させてもらいました!!

このようにステキな7人の担当ができて光栄だなと思っています!

皆さんもぜひ、自分と比べて落ち込むのではなく、

「いいな」と思ったところを参考にしてみてください!!