青山学院大学法学部を志望した理由 | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2020年 9月 8日 青山学院大学法学部を志望した理由

こんにちは!担任助手1年の落合です!

 

今回は、斉木先生にお話を聞きました!

斉木先生は川越市立川越高校の出身で、今は青山学院大学の法律学部法律学科に通っています。なぜ青山学院大学を志望したのか、その理由インタビューしていきます!

 

 

落合:斉木先生は、いつ頃青山学院大学を志望しようと決めたのですか?

 

斉木:高3の12月の後半です。初めは学習院大学を目指していたんですけど、学力的にもう1つ上のレベルに挑戦することになりました。そこで青山学院大学がかっこいいなと魅力を感じ、目指すことにしました。

 

落合:なるほど、ではなぜ法律学部にいきたいなと考えるようになったのですか?

 

斉木:受験勉強で政治経済について学んでいくうちに、法律に興味が湧いてきて、法律を学びたいと思うようになりました。受験勉強を始めたことで、大学で学びたいことが見つかったんですよ。

 

落合:受験勉強から自分が将来学びたいことが発見できたのですね!法律を学びたいということは、夢は法曹とかですか?

 

斉木:まだ明確には決まっていませんが、公務員になりたいなと思っています。大学での勉強を活かして、人の役にたつ仕事に就きたいです!

 

落合:法律の視点から人の役にたちたい、かっこいい考えですね!大学に半年通いましたが、青山学院大学での大学生活はどうでしたか?

 

斉木:オンライン授業で、友達とは電話とかでしか話したことないです() でもノリがいい人が多くて、さすが青学!って感じがします。自分の行きたかった大学に行けると本当に楽しいです!

 

 

斉木先生は、受験勉強をしている中で、大学で学びたいことを見つけたそうです!「今は大学受験のために勉強しているだけ」と考えている人も、その勉強が自分の将来に直結するかもしれません。ぜひいろいろな好奇心を持って受験勉強に取り組んでみてください!