遠藤先生流!単元ジャンルの活用法! | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2020年 9月 21日 遠藤先生流!単元ジャンルの活用法!

担任助手1年の遠藤玲奈です!

今回はわたしが受験生だった頃にどのように単元ジャンル別演習を活用していたかについて書いていきたいと思います!

 

受験生のみなさんは夏休みに、共通テストと二次私大の過去問10年分修了に向けて頑張っていたことと思います。

 

それではなぜ夏休みに過去問をたくさんやる必要があったのでしょうか?

 

それは、単元ジャンル別演習で自分の苦手なところを徹底的に潰していくためです!

自分の苦手なところと言えば、英語が苦手、数学が苦手といった大まかな範囲で捉えた苦手といったものや、英語の準動詞が苦手、数学の微分積分が苦手というように科目内での細かな苦手などたくさんの種類がありますよね。

 

それを自らの力だけで、自分の志望校の傾向的に出題されやすい範囲に絞り、効率よく演習をして苦手を潰すことはかなり無理がある思います。

 

そこで単元ジャンル別演習の出番です!

 

単元ジャンル別演習は、AIが自分の学習履歴を分析して、苦手な分野でかつ、自分の志望校に出題されやすい問題に絞ってたくさんの問題演習を提供してくれます。

 

わたしが受験生だった時はこの単元ジャンル別演習をフル活用していました!

一題一題が割と短めなので、隙間時間を利用してたくさんの問題を解いていました。

コツコツ問題演習をしていった結果、最終的にわたしは約500題の問題を解いたことになりました!これによって、自分が苦手なところがかなり克服されたと思います!

 

わたしは日本史選択だったのですが、単元ジャンルで解いた日本史の問題が実際に第一志望校の入試問題に出題されたこともありました!

 

本当に単元ジャンル別をしっかりやっておいてよかった!と思った瞬間でした。

みなさんも単元ジャンル別演習をフル活用して第一志望校合格を掴み取ってください!