計画立てと達成する大切さ | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2020年 7月 22日 計画立てと達成する大切さ

こんにちは、担任助手一年目の松村です。
今回は、「計画立てと達成する大切さ」について話していこうと思います。
皆さんは、PDCAサイクルを知っていますか?人生で一回は聞いたことがあるのではないでしょうか?
 
PDCAサイクルとは、P(Plan:計画),D(Do:実行),C(Chech:評価),A(Action:改善)という意味です。
これの何が大切さがわかったのは自分が受験生の時でした。
 
自分は計画を綿密に立てるタイプの人間でした。やることが明確になっていないと行動できず、その上キツキツに予定を詰めていました。案の定、少しずれただけで計画が崩れモチベーションが低下していました
自分はそのことから何も学ばずに同じことを繰り返していました。自分はPDを繰り返していたのです。
 
今呼んでいる受験生も同じようなことを経験した人がいるのではないでしょうか?自分は気づいてから計画の修正を学びました。それから、順調に勉強ができるようになり、継続という自信につながりました。
 
もし今呼んでいる中で計画がうまくいかない人がいるのなら、PDCAのどこで躓いているかを分析してみてください。
最後まで読んでいただきありがとうございました。