続・音読は英語だけじゃもったいない!~日本史おばけ | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2012年 12月 28日 続・音読は英語だけじゃもったいない!~日本史おばけ

こんにちは!
そろそろ冬休みが始まっている学校がありますね!
冬休みは勉強に燃える準備は出来ていますか?^^

さて、今日は音読室活用術第2弾です!
川越校の皆さん、去年の川越校には「日本史おばけ」と密かに噂されていた人がいたのを知っていますか?

その人は、何を隠そう我らが担任助手「加藤椋裕先生」です!!!

何故そのような異名がつけられたかというと、ひたすら日本史の単語を音読室で唱え続けていたため、「日本史おばけ」という素敵なあだ名ができたそうですよ(笑)
そんな素敵なあだ名をつけられた加藤先生の日本史の得点はすごいですよ!
彼はセンター試験本番では95点をとりました!!

そして現在は早稲田大学商学部大熊奨学生です。

これは音読の効果絶大と言えますね☆

音読室で日本史や暗記科目の音読を行って、皆さんも加藤先生を受け継いで「○○おばけ」になってください!(笑)

これは、加藤先生が受験生時代に使用していた日本史のテキストです。

実際にテキストを見せてもらいましたが、彼のテキストはやり込まれていてボロボロでした!ここまでボロボロにテキストを使い込めばあなたも日本史マスターになれるかも!

東進ハイスクール川越校 担任助手 小須田里佳