私の奥義、伝授します~志村翼編~ | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2013年 2月 14日 私の奥義、伝授します~志村翼編~

和光国際高校出身 上智大学の志村です!

皆さん勉強の進み具合は順調ですか?
新学年になるにあたって、今まで勉強してきたことに『漏れ』は無いですか?
それぞれ苦手な科目や分野というものが存在すると思いますが、その原因はこういった勉強の漏れにあります。
分からないからそのままにするのではなくて、分からないからこそじっくり学んでいくことが大切です!

今日は、自分が受験生だった時に行っていた勉強法の『奥義』を教えます。

今回紹介するのは、恐らく皆さんが嫌いであろう”英 文 法”です。
なぜ嫌いなのか…それは単に覚えられないからだと思います。

しかし英文法というのは覚えるものではなく身につけるもの!!
この感覚をつけられれば文法を得点源にしていけます!
知っているだけで得点もらえるなんて、こんなおいしい話ありませんよね…★

 さて。その奥義とは
  名づけて…『復習日決定法』!!

どんな方法かと言うと、付箋を各回の先頭に貼って復習日をあらかじめ決めるという単純な方法です。
勉強した日をはじめに書き、そこから1週間後、そこから1週間後、更にそこから1週間後の日付を先に
書いておきます。


 

これを全ての回にやって、必ず毎日テキストに目を通します。
そこで日付が書いてあったものを音読だけで復習します。

…ものすごくシンプルですよね?(笑)
でもこれで本当に十分です。
しかし必ず約束して欲しいことは、書いてある日に絶対に実行するということです。

 この方法の良いところは、復習のタイミングが脳の忘れていくスピードに対してぴったりであるということです。

人間は、必要ではないと思った情報(英単語や英文法など)をどんどん捨てていってしまいます。



そこで、間隔をおいて、何度も頭に入れる(復習)ことで脳に“必要な情報だ”ということを認識させます。
そうすることで次第に頭に入っていき、定着させることが出来ます。

復習ってただやるんじゃなくて、タイミングも実はものすごく大事なことです。
あとは復習を必ず実行すること。
そういう基本動作をしっかり出来る人が、英文法をマスターできるのだと自分は思います。

先ほど、英文法は覚えるんじゃなくて身につけるものといいましたが、この復習法ならそれが可能です。
穴埋め問題を見たときに選択肢を見て答えるのではなくて、短文を読んで自分で答えを自然に埋められるという感覚を身につけられます。

選択肢なんかで得点するのではなくて、本物の英語力で自分で選択肢を作り出していこう!!

詳しく聞きたい人は実際に聞きに来てください!!

東進ハイスクール川越校 担任助手 志村翼