特別招待講習 講師紹介~長岡恭史先生~ | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2013年 1月 22日 特別招待講習 講師紹介~長岡恭史先生~

皆さん、こんにちは!

もうセンター試験が終わり、国立大志望の生徒は、センター向けの勉強とは一味違う二次試験の学習に移行し始めました。
国立の二次試験では、記述力が大きなウェイトになります。受験生は、とにかく過去問を解き、自分の「採点者の目」でしっかりと客観的な評価を下しつつ学習に邁進してください!!

高1・2生の皆さんは、記述問題を解くとはどういうことなのか、そのイメージがついているでしょうか?

どんなレベルまで正確に表現しなければならないのか。
どのような表現の仕方が存在するのか。

そういった疑問は、もしかしたら持ったことすらない人もいるのでしょうか?
しかし、最難関大学に合格するには、そういうことをしっかり理解しなければなりません。

特に、数学については、しっかりと考察が出来ているのか、採点者に伝える能力が重要です。
そこで、お勧めするのが、長岡恭史(よしふみ)先生!
『大学への数学(通称”黒本”)』の著者としても有名ですね。

この先生は、howよりwhyを重視した授業を展開してくれます!!

『難解大ほど、パターン化された表面の解法ではなく、真の数学力が問われる』ということをモットーに、多少忘れてしまっても「基本」を本当に理解すれば、「公式は全て瞬時に求められる」!!!!

長岡先生の要求する「基本」は、かなりハイレベルで難解です。しかし、だからこそ、長岡先生の授業に挑戦すれば実力がつきます。
また、ひとつの問題について多様なアプローチで迫っていく授業の内容は、何気なく暗記数学に頼ってしまう基本事項たちの間に繋がりを感じさせてくれます。

◆長岡先生の授業を覗いてみたい方は、こちら!

去年・一昨年と、授業を受けた僕は、数学が得意でなくても、すこし好きになりました。
さらに、授業内容を書き写しているだけでも、常にひとつのフォーマットでなされる授業のおかげで、正確な書き方を身につけることができました。

「効率的な」暗記数学では届かない、数学の魅力や問題を解く楽しさを十二分に味わうことができますよ!

現在、東進ハイスクール川越校にて、絶賛受付中の『新年度特別招待講習』でも、長岡先生の授業を無料受講できます。
ワンランク上の大学を目指す高1・2生のみなさん、是非長岡数学を体験してください!!

◆招待講習について詳しく知りたい人はココをクリック!

東進ハイスクール川越校 担任助手 飯塚清彰(慶應義塾大学 経済学部)