特別招待講習 講師紹介~金谷俊一郎先生~ | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2013年 2月 3日 特別招待講習 講師紹介~金谷俊一郎先生~

センター試験同日受験復習は終わりましたか?
前にやった覚えのあるところも忘れてしまって、試験中悔しい思いをした人もいるのではないでしょうか。

特に日本史は、そういう経験をしたことがある人が多いと思います。
しかし、時代の流れを理解させることで忘れにくくさせてくれるのが、今日ご紹介する金谷俊一郎先生の授業です。

私は暗記することが苦手で、学校のテストができても、広い範囲が出題される模試に対応することができていませんでした。

…そんな時…金谷先生と出会いました…

幼少期は、意味のない言葉の羅列などとても柔軟で記憶することが得意ですが、皆さんのように高校生になると、脳は意味のないことはなかなか覚えてくれません。
例えば、文化史
文化史は覚えることが極端に多く、一番後回しにされやすい箇所です。
しかし!一見、単語が羅列してあるだけのように見える文化史ですが、時代背景や各文化の大まかな特徴をつかむことで覚えやすさは格段に上がります。
語呂や意味を理解することで、記憶がしやすくなるのです。

金谷先生の授業は理解してから頭に入れるので無理に暗記する必要はありません。
覚えることが苦手な私でもテストのとき自信を持って答えられるようになり、32点だったセンターの点数が93点まで伸びました!!

そして、センターが終わった後に待ち構えているのが私立・国立大の入試です。
センターと異なる勉強をしなければならないのでは?と不安に思う人も多いのではないでしょうか。
しかし、金谷先生の授業は根本をとらえ、時代背景をとらえながら、どんどん枝を広げていくので、論述のような問題が出ても、落ち着いて解くことができます。

何度も金谷先生の作るノートを見返し、復習を繰り返すことで全ての問題に対応する力がつきます。

日本史は始める時期で点数に大きな差が生まれます。
早い時期から日本史を始め、他の受験生と差をつけましょう!!

金谷先生の授業は、新年度特別招待講習でも、受講できます!

◆特別招待講習って何?という人は・・・ココをクリック!

学力の差は時間の差!
今すぐ、始めよう!!!

 

◆”招待状”を請求したい!という人は・・・このフォームを送信!

◆招待講習を受けてみたい!という人は・・・ココから申し込み!

東進ハイスクール川越校 担任助手 大元達矢(明治大学 法学部)