渡辺勝彦先生、ありがとうございました! | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2014年 1月 28日 渡辺勝彦先生、ありがとうございました!

こんにちは!担任助手の久野です。

今日1月28日は、待ちに待った
渡辺勝彦先生の公開授業でした!!!

とっても盛り上がった公開授業の雰囲気を一部お伝えしていきたいと思います!

勢いよく渡辺先生が登場し、公開授業スタート!

はじめに先生はこうおっしゃいました。

「大学入試レベルでは頭の良し悪しは関係ない.
ここにいる人は全員現役で東大・京大・早應レベルに合格できる!」

 

「しかしそれには条件がある。
1つ目は

リセットすること!

英語が苦手な人も、得意な人も今ここでリセットする!
そして今から正しい方法である期限までに英語を仕上げる。

2つ目は

難関大合格への絶対なるシナリオに従うこと!

そのシナリオとは・・・
『英語は高2の3月31日までにけりをつける!!』

ケリをつけるとは、入試問題が解けるレベルにもっていくということ。
英語を3年に持ち越したら逆転合格はおろか、周りとの差がつく一方。
この2つを守れば、必ず東大・京大・早應レベルに合格できる!」

こんな衝撃な言葉から始まった公開授業。

授業では文法・長文の速読のルールに関して
とても分かりやすく、かつおもしろく解説して頂きました!
200名近くの生徒のみなさんが目を輝かせて真剣に授業にくいついているのが印象的でした!

 

そして、最後に先生はこうおっしゃいました。

「今さら無理、自分はこの程度だと思ってブレーキをかけてはいけない。
英語を高2の3月31日までにけりをつける、ということは正直厳しいかもしれない。
しかし、そこで全力を尽くした人だけが逆転合格できる。

高2を制するものは大学入試を制するんだ!!」

今回の公開授業、他にも衝撃的な言葉をたくさん聞きました!
実際に授業を受けたみなさんは先生の言葉の一つ一つを心に刻み、今日から行動にうつしていきましょう!!!

みなさんが全力を尽くして
『英語を高2の3月31日までにけりをつける』ために、
私たちスタッフも全力でサポートしていきます!

一緒に頑張っていきましょう!

渡辺勝彦先生、
本当にありがとうございました!!

川越校 担任助手 久野早織