津々浦々 大学授業めぐり ~早稲田大学法学部編~ | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2014年 2月 10日 津々浦々 大学授業めぐり ~早稲田大学法学部編~

こんにちは!!
担任助手1年の藤川です!
私は現在、
早稲田大学法学部に通っています!

今回は私が大学で履修していた「スペイン語圏を知る」という授業を紹介します。

この授業は、スペイン語を母国語する地域の文化や現状を毎回さまざまな国出身の講師の方が説明してくれる授業です。

スペイン語を母国語としている国と聞くと、みなさんはスペインなどのヨーロッパ諸国を想像すると思いますが、実はアメリカ大陸やアフリカにもスペイン語が主体な言語となっている国が存在しています
その理由としては、植民地としてスペインに占領されていたことが挙げられます。
そういった地域では、植民地化される前に存在していた文化と占領されたことによって入ってきた文化が入り混じっており、独特な文化を形成しています。


その独特な文化を講師の方が実演を交えて説明してくれます。
授業を受けている生徒もただノートを取っているだけではなく、ダンスを踊ったり、その地域独特の食事を味わったりします。

自分の住む世界とは別の世界を知ることは自分の視野を広げる良い機会になると思います。
これからは日本人も世界にどんどん進出していかなければなりません
ぜひ大学受験をのりきり、大学で他文化についての授業を受講して世界・社会で活躍できる人材になってください。

 

——————————————————-
現在、東進ハイスクールでは、授業を体験できる 『特別招待講習』 を実施しています。
自分の描く『夢』を本気で目指し、本気で実現する力を育てよう!
お申込は、ここをクリック!!
校舎でお待ちしています。

川越校担任助手 藤川純平