東京工業大学物質理工学院を志望した理由 | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2020年 9月 7日 東京工業大学物質理工学院を志望した理由

こんにちは!担任助手1年の落合です!

今回は山崎先生に、「志望校を選んだ理由」についてインタビューしてみました!

 

 

山崎先生は今、東京工業大学の物質理工学院に通っています。高校は川越高校で、公式テニス部に入っていたそうです。

それでは早速インタビューをしていきます!

 

 

落合:山崎先生は、いつごろ東京工業大学を目指そうと決めましたか?

 

山崎:高1の夏です。その頃は東京工業大学の経営工学志望だったのですが、高2の夏に物質理工学院志望に変えました。

 

落合:高1の夏ですか!かなり早い段階で志望校が決まっていたのですね。まだ学校では理系・文系も決まってないと思うのですが、早く志望校を決めることのできた理由は何かありますか?

 

山崎:文理選択は、科目の得意不得意から、まぁ理系だろうなと思っていました。志望校選択は、とりあえず偏差値の高いところに行こう思いました。あとは学費の面から国立志望にしました。大学についての知識が無さすぎて地方はパッとしないなと思ったのと、一人暮らしも特に考えていなかったので、地方旧帝は選択肢にありませんでした。入学当初は東京大学・京都大学・東京工業大学とかを模試の志望校欄に適当に書いていました。でも硬式テニス部が忙しすぎて勉強に全振りは出来ないから、東京大学・京都大学は無理だろうと思い東京工業大学に決めました。

 

落合:なるほど、消去法のスタイルですね。あと志望学科が高2の時に変わっていますが、それはなぜですか?

 

山崎:高1の時に経営工学志望だったのは、経営がなんとなく面白そうだったからです。でも高2の時に食品や材料に興味を持ち、材料系と応用化学系の両方がある物理工学院を志望することにしました。

 

落合:ということは、将来の夢は食品とか材料に関するものですか?

 

山崎:うーん、今のところは材料に関するものかなと思っています。でも大学での研究内容が幅広く、明確には決まってないんです。選択肢が多すぎて決められなくて(笑)

 

落合:選択肢が多すぎて決められないなんて贅沢な悩みじゃないですか!ちなみに、実際に半年東京工業大学に通ってみてどうでしたか?

 

山崎:前期の授業は全てオンラインでした。授業の内容の質問が気軽にできなくて困りました。

 

落合:オンライン授業のあるあるですよね。先生への質問もしづらいし、友達への相談もしづらいし…

 

山崎:そうなんですよ。でも8月末に入試以来初めて大学に行って、大学の人と会ってテニスをしたんですけど、とても楽しかったですよ。

 

落合:いいですね!私も大学の友達との交流をもっと深めたいです。最後に、これから受験する人たちにメッセージをお願いします!

 

山崎: それぞれの大学にそれぞれの良さがあると思います。担任助手として、本当に行きたい大学に進学して欲しいと思います。悔いのないように、勉強して過ごしてください!

 

 

 

山崎先生は、自分が大学に求めることをリストアップして、当てはまる大学を選んだそうです。自分の理想の大学を見つけるのに、この方法はぴったりだなと思いました。みなさんも一度、自分が大学に求めることをじっくり考えてみてはいかがでしょうか!