大学・学部を知ろう!【立教大学全学共通カリキュラム】編 | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2013年 2月 16日 大学・学部を知ろう!【立教大学全学共通カリキュラム】編

こんにちは!
星野高校出身 立教大学の小須田です!



今日は私が通っている立教大学「全学共通カリキュラム」という授業について紹介したいと思います。

以前、ブログの中で宇多川先生が「早稲田大学オープン教育科目」という授業紹介をしてくれていましたが、「全学共通カリキュラム」はその立教大学バージョンです♪

★宇多川先生のブログ『早稲田大学オープン教育科目編』は、こちらから★


…一応説明です。

「全学共通カリキュラム」とは…(以下★立教大学HP参照★)

リベラル・アーツの新しい”かたち”〜専門性に立つ教養人の育成をめざして〜
立教大学のすべての学生が、それぞれの学部の専門科目と並行して学ぶ「全学共通カリキュラム」は、専門分野の枠を超えた幅広い知識と教養、総合的な判断力と優れた人間性を養うことを目的とした、全学部の学生を対象に、全学部によって運営される共通のカリキュラムであり、まさに「リベラル・アーツの立教」を具現化する、大学教育のあたらしい「かたち」と言えるでしょう。


今回は「全学共通カリキュラム」の中から、私がとっていた「大衆文化・社会論」という授業を紹介させていただきます!
この授業は”2・3・4限の時間を使って、ひとつの授業を受け続ける”というなかなかハードな授業でしたが、とても面白かったです!
私は将来メディア関連の仕事に就きたいと考えているため、この授業を履修したのですが、この授業では毎週フジテレビやNHK等のテレビ局のプロデューサーが講義をしにきてくれ、テレビ業界の現状を教えてくださったり、よりよいテレビ番組を構成するためにどうしたらよいか意見を考えたりしました。

その授業で私が初めて知ったテレビ業界のプチ知識を紹介します★

みなさん、朝のテレビ番組をみる際、画面左上に必ず時刻表示がされていることに気付きますよね!
あの時刻表示の発祥はNHK「朝ドラ」だということをご存じでしたか?
朝の忙しい時間帯に視聴者が時計代わりとして朝ドラを見てくれるように時計表示を行ったのが最初らしいです!

授業をう受けてさらに「テレビ業界」への関心がわいてきました!将来の夢の第一歩にもつながるとても興味深い授業でした。
皆さんも、色々な分野の学びを深め、将来のために視野を広げていってくださいね^^

東進ハイスクール川越校 担任助手 小須田里佳