夏休みを振り返って | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2020年 8月 28日 夏休みを振り返って

みなさん、こんにちは!担任助手2年の岩田です!もうすぐ夏休みが終わると思います。そこで、今回は私と一緒に夏休みをふりかえってみましょう!

 

まず、その前に今年の夏休みは決定的に今までの夏休みと異なることがありました。

さて、なんでしょう??

 

それは夏休みが短いことです!

コロナウイルスの関係で授業が遅れて、8月に入っても、定期テストや授業を受けていた方が多くいると思います。そして、始まる時期も早く、8月4週目には始まるという学校が多いです。今年の夏休みはとても短かったです。

 

そこで、自分が過ごした夏休みの勉強をふりかえる指標を客観的評価・主観的評価の2つ示したいと思います。

 

①模試の点数が上がった

これは客観的評価です。模試の点数の伸びが良い=夏休みの勉強がうまくいったということになります。点数として見ることで判断できます。

 

a.模試の点数が良かった人

夏休みの勉強がうまくいった証拠です。(たまたまや偶然で取れたということだったら別です!)模試の復習をくれぐれも忘れずにしてください!間違えたところに、まだ自分の伸びが隠れています。この模試の点数に一喜一憂しないで、今後の勉強も頑張りましょう!

 

b.模試の点数が良くなかった人

科目ごとに確認してみてください。この科目は伸びたけど、この科目は下がったなどあると思います。伸びの科目があるなら、それは伸びた証拠だと思います。下がった科目はなぜ、解けなかったのかを復習で確認してください!必ず改善点があると思うので、そこを見つけられるようにしましょう!

 

②勉強を予定通りできた

これは主観的評価です。自分でもスケジュール通り進められたかはわかると思います。そもそも、計画立てをしないで、夏休みに入った人もなかにはいるでしょう。夏休みに入る前に、あらかじめ勉強予定をたてておくことが重要です。特に「3週間→1週間→1日」のように、全体から細かく細分化してくことが大切です。1日の勉強をふりかえって、ノルマを達成できたかを確認することができます。1日1日の達成度を確認するべきです。遅れたらどこで補うかという予定の修正を適宜行うことができます。気付いたら全然進んでいないということをなくせます。私の場合、科目ごとの勉強時間と1日の勉強時間を毎日紙に記録していました。サボるというような日がないようにしました。これらの勉強法は夏休みが終わったら2学期の勉強にも活用できると思うので、参考になった人はぜひやってみてください!!!

 

以上のように

①②の客観的評価・主観的評価から自分の夏休みをふりかえってみると良いと思います。今年過ごした夏休みの勉強がこれからの勉強に活かせるようにしましょう!!

 

次回もお楽しみに!!!