受験1年前にやればよかったこと | 東進ハイスクール 川越校 大学受験の予備校・塾|埼玉県 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2021年 12月 15日 受験1年前にやればよかったこと

こんにちは!
 
最近は大学の生薬学が楽しみな
 
担任助手1年の髙橋です!
 
今回は
 
受験1年前にやればよかったこと
 
についてお話しようと思います。
 
さて、高1・2生の皆さんは
 
日頃どのように勉強していますか?
 
課題だけやって満足派?
 
定期テストの前に詰め込み派?
 
結構こういう勉強スタイルの方、
 
多いのではないでしょうか。
 
私も高校3年生になるまで、
 
こういったタイプでした。
 
しかし、ハッキリ言います。
 
上記のようなやり方は、
 
「勉強」とは呼べません!
 
仮に勉強だとしても、
 
「受験勉強」では絶対にないのです!!
 
課題はやるのが当たり前。
 
定期テストは普段の勉強への姿勢を測るもの。
 
私も当時は
 
「なんとなく」課題や
 
テスト勉強にあてる時間を
 
「受験勉強の一環」だと思っていました。
 
ひとまず勉強はしているし、
 
それで満足していたのです。
 
しかし3年生になってから受けた模試は、
 
基礎が定着していないために惨敗の結果でした。
 
当然、基本が成っていなければ
 
応用もできるはずがありません。
 
私がそのとき強く思ったのは、
 
「1、2年生の内からちょっとずつ勉強しておけば良かったなぁ」
 
でした。
 
1日、寝る前5分でいいから英単語を覚える。
 
帰りの電車の中で、
 
今日受けた授業のノートを見返す。
 
 
簡単なことですが、
 
この積み重ねが将来大きな武器になります。
 
課題じゃないのに自主的に勉強する、
 
テスト期間じゃないのに、
 
部活で疲れているのに復習する。
 
心理的なハードルが大きいのも分かります。
 
でも、この小さな差が、
 
ライバルよりリードするために必須なのです。
 
私は、この小さな努力を怠ったために
 
志望校を高校3年生で
 
変更することになりました。
 
現在通っている大学は大好きだし、
 
周りには一緒に学習する仲間もいます。
 
けれど、志望校変更のときは
 
本当に悔しい思いをしました。
 
自分が努力すれば、
 
回避できたかもしれない選択だったからです。
 
皆さんには、まだ時間があります
 
私と同じ思いをする人が
 
ひとりでも減ってくれたら嬉しいです。
 
本日もご愛読ありがとうございました!
 
1月15、16日の
 
共通テスト同日模試に
 
向けて頑張っていきましょう!