受験生時代の夏休みの1日 ~私立理系編~ | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2020年 7月 31日 受験生時代の夏休みの1日 ~私立理系編~

みなさんこんにちは、担任助手1年の浅見です!

 

さて、本来ならば夏休みに突入して少し経ったぐらいの時期ですが、ご存知の通り今年は夏休みが例年よりかなり短くなります。そのため、短い夏休みを効率的に利用する必要があります。

 

本日は、私立理系志望であったわたしが夏休みの1日をどのように使っていたか紹介したいと思います。私立理系志望でない方にも少しでも目を通して参考にして頂けたら嬉しいです!

 

 

①通勤する父親と一緒に朝ごはん

父は大体6時頃に朝食を摂っていたので、それに間に合うように起きていました。疲れてアラームで起きてこない時は起こしてもらうように頼んでいました。早起きしないと一日があっという間に終わってしまうので大切です。

 

②受講の復習など

少し難易度の高い講座だと、恥ずかしながら修判に受からないまま放置されていたものが夏休みまで結構ありました。理解しないと受からないため、朝は自宅またはカフェでテキストの解き直しなどに取り組みました。

 

③東進で過去問

東進が開いたら、過去問を解いていました。私立志望だったのでセンター(共通テスト)よりは過去問に力を入れました。過去問は全ての問題を解けるようにするよりは、自分なりに志望校の出題形式を分析し、確実に得点すべきところを中心に何度も復習しました。

 

④単元ジャンル

わたしは東進のコンテンツのなかで単元ジャンルを多く活用していました。苦手な分野を志望校に合わせてレベル別にAIが分析してくれるので、自分用の問題集という感じで、弱点を補強していけました

 

⑤帰宅、夕飯、お風呂

リラックスします。

 

⑥今日やったこと問題を復習する、明日の予定を確認する

 

 

参考になりましたでしょうか?

夏休みが終わればあとは一瞬です。残された時間を有効活用できるようにがんばりましょう!