受験を終えた東進生にインタビュー! | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2021年 3月 10日 受験を終えた東進生にインタビュー!

こんにちはー!

担任助手1年の遠藤です。

今回はこの春受験を終えた、高校3年生にインタビューしてみた!の回です。

わたしが1年間担当していた、野村彩乃さんにインタビューしました。

彼女は星野高校出身で、春から、國學院大学の文学部史学科に進学します!

Q1、合格した時はどんな気持ちだった?

A1、実際に受験したときは手応え0だったので意外と受かったんだ!と思いました。嬉しかったよりも驚きが大きかったです。

Q2、東進ハイスクール川越校で勉強しててよかったなと思ったことは?

A2、周りのレベルが高いことです。高校が、指定校推薦を使う人が多くて、受験に対するモチベーションが低かったのですが、東進で、レベルの高い高校の人たちがみんな切磋琢磨しているところを見て、良い影響を受けることができたと思います。

Q3、部活との両立はどうでしたか?

A3、週6日、朝練、昼練もあるという、とても大変な部活に所属していましたが、その分隙間時間をとても大事にしていました。そして、時間を1秒たりとも無駄にしないよう、部活が終わったら即東進に直行してました。

Q4、東進でおすすめの講座ある?

A4、金谷先生の「スタンダード日本史B」です!教え方もすごく丁寧で、細かいところまでわかりやすく説明してくださいました。先生の年表の板書は直前期も重宝しました。また、この授業をきっかけに、日本史が大好きになって将来の夢も定まりました!!

Q5、最後にその将来の夢を教えてください!

A5、教員免許を取得して、高校で日本史を教えることです!日本史の楽しさを多くの高校生に伝えることがわたしの目標です!!

インタビューありがとうございました!

野村さんは、春から新しく担任助手をやっていただくことになりました!

インタビューにもありましたが、日本史が大好きで、特に縄文土器に興味があるそうなので、縄文土器の魅力について知りたいなと思ったらぜひ声かけてみてください!