受験を終えた東進生にインタビュー! | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2021年 3月 22日 受験を終えた東進生にインタビュー!

こんにちは!東進ハイスクール川越校担任助手一年の川尻俊輔です。今回の内容はこの春受験を終えた、高校3年生にインタビューしてみた!です。今回僕がインタビューしたのはお茶の水女子大学理学部物理学科に見事合格することができた塩松祐華さんです。

Q1.合格した時の気持ちは?

→とてもとてもうれしかった。

Q2.東進ハイスクール川越校で勉強してきてよかったなと思うことは?

→川越女子高校以外にも、川越近辺の学校に通っていて勉強を頑張っている知り合いが出来たこと。担任の先生や担任助手の大学生の方々に励ましていただいたこと。

Q3.部活はしていましたか?それはどのくらいの頻度でしたか?

→SSG(スーパーサイエンスハイスクール課題研究ループ)

週1ぐらいで課題研究をする。発表会前は忙しい。

Q4.両立はできましたか?どうやって勉強しましたか?

→発表会前は忙しかったが、普段の活動は少ないので両立できていたと思う。

Q5.自分の受験を振り返り、自分の合格の秘訣は?

→最後まで諦めない。志望校のレベルを落とすにしても自分が心から通いたいと思える大学にする。大学によって配点が異なるので自分に合った戦い方を見つけて戦略を立てる。

Q6.東進の講座でよかったものは?それはなぜ?

→・難関化学 テキストがまとまっていて理解しやすかった。

 ・テーマ別数学 受講していて楽しかった。2次試験の問題へのアプローチの仕方がわかった。

Q7.後悔はありますか?

→長期休暇中の過ごし方。生活リズムが崩れてしまい、自分で思い描いていたより全然勉強できなかった。

Q8.最後に後輩に熱いメッセージをお願いします!

→がんばってください。

インタビューさせてくれてありがとうございます!彼女は前期試験の後も毎日東進に来て勉強を続けていました。文字通り本当に最後までがんばっていました。本当に本当にお疲れ様でした!彼女は担任助手をやってくれることになりました。何か聞きたいことがあれば是非聞いてみて下さい!