公立高校説明会を実施しました。 | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2021年 2月 21日 公立高校説明会を実施しました。

みなさんこんにちは!担任助手1年の斉木です!
 
今回は「公立高校説明会」について話していきたいと思います!
 
今回話してくれた人は、坂戸高校の長澤先生、所沢北高校の中村先生、市立川越高校の斉木先生です!
参加してくれた方はありがとうございました!この会に出てくれた方は改めて受験に対する危機感が高まったんじゃないかなと思います。
 
①入塾時期
高校は違いますが、3人とも高校2年生の時から東進に入り、勉強をしていました。高校3年生から勉強を始めて、逆転合格するのはかなり稀です。
 
②部活との両立
斉木先生は部活をやっていませんでしたが、長澤先生と中村先生は部活をやりながら勉強をしていました!それは、東進が映像授業だったから出来たことだそうです!部活終わったあと、始まる前などに勉強ができるのでよかったと言っています!
 
③公立高校特有なこと
公立高校では入試で使う科目の授業が、高校3年生になっても終わりません。例えば、社会科目の範囲が終わるのは高校3年生の12月ぐらい(高校差はありますが)が多いですね。そうなると、受験本番までは、1か月ほどしか残されていません。1か月で演習や過去問をするとなると、時間が全然ありません!しかし東進では映像授業で高速で学習できるので、しっかりと暗記時間などを確保することができます!私たちは、映像授業で高速学習をすることによって第一志望の大学に合格することができました!
 
④受験生へのメッセージ
今回のブログの作者であり、公立高校説明会にも出た私(斉木)からのメッセージは「受験をなめるな」です。甘い気持ちで合格できるほど、大学受験は簡単なものではありません。「なんとかなるだろ」などと思っている生徒は考えを改めてください。真剣な勉強をしましょう!