入試の勝敗は○○の○○で決まる! | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

校舎からのお知らせ

2013年 3月 13日 入試の勝敗は○○の○○で決まる!

皆さんこんにちは!
早稲田大学教育学部の椿拓也です。

国公立大学前期の発表が終わり、残すは後期試験。
受験もいよいよ最終局面を迎えました。

ここで、皆さんにお伝えしたい重要なことがあります。

それは…

『入試の勝敗は、スタートの時期で決まる。』

これは大袈裟ではなく、データに基づいた事実です。
現に難関大合格者の65.6%高2までに受験勉強を開始しており、高3の夏休みに開始した人は合格者の26.6%しか合格していない のです。

つまり…新高3生が、今、この時期に受験勉強を開始していないのは絶望的なのです。

言い換えれば、
この時期に開始するのが現役合格への最後のチャンスなのです。
ただこのチャンスを掴むには、正しい努力の仕方が大事になってきます。

…ここまで少し偉そうに言ってきましたが、実は自分も受験勉強を開始したのは高2の今の時期でした。
そして下図は、1年間の自分の成績の伸びです。


この通り、自分は1年間で英語を98点、5教科7科目900点満点を320点伸ばしました。
仮に開始時期が1ヶ月遅かったらマイナス61点夏休み前にようやく開始したらマイナス122点だった、ということです。

逆に、今から、『正しい努力』『東進の高速学習システム』を用いて『3年間の学習量を1年間で終らせることができれば』!!
過去の成績に関係なく、志望校に合格できます。

でも、『正しい努力の方法』と言われても、良く分からないですよね?
そこで!!

 無料の特別招待講習に申し込めば、実力講師陣の授業を体験できるだけでなく、僕達東進のスタッフ=受験勉強のプロが、正しい努力の仕方を教えます!(今すぐクリック)

新高校3年生は、が受験勉強開始のラストチャンス

じゃあいつ始めるのか?⇒今でしょ!