二次私大過去問特訓会について | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2020年 8月 21日 二次私大過去問特訓会について

こんにちは!担任助手2年の大谷です。

川越校では、8月15日〜8月19日に二次私大過去問特訓会を開催しました。

大学によって試験時間も科目もバラバラなので、T方式とW方式という2つの方式に分けてそれぞれの時間割で過去問を解くという形です。

特訓会に参加してくれた皆さんはガンガン二次私大の過去問にチャレンジしていました!

特訓会では周りの人が皆、同じタイミングで過去問を解いているため実際の試験に近い雰囲気で過去問に取り組むことができます。

ブースで1人で解いて高得点を取ることができるようになっても、いざ会場に行って緊張して思うように力を発揮できなかったら悔しいですよね。参加者の皆さんにとっては、今のうちから緊張感をもって過去問を解く良い機会になったのではないでしょうか。

 

自分の志望校の過去問は難しくてなかなか解き進めていくことができないという人もいると思いますが、今この時期にまずは5年分(最終的にはもちろん10年分)の過去問を踏ん張って解き切ることが合格に繋がっていきます

ただがむしゃらに勉強するのではなく、過去問を解いた上で志望校の出題傾向を分析したり自分に足りない部分を見極めたりしてから、効率の良い学習を進めていきましょう!

 

そしていよいよ、8月23日には共通テスト本番レベル模試がありますね。

8月の模試の目標得点には、多くの人が本番の目標と同じ得点を設定していると思います。高3の夏の集大成として、共通テストと二次私大それぞれの過去問を進めてきた皆さんが良い結果を出せるよう祈っています。また、8月末までに受験生の皆さんが目標の年数を達成できるように川越校のスタッフ一同全力でサポートしていくので、引き続き頑張っていきましょう(^o^)