これを英語で言えますか?~ことわざ編~ | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2013年 2月 12日 これを英語で言えますか?~ことわざ編~

皆さん、こんにちは!

私大入試が佳境に入り、国公立前期試験も近づいてきましたね。
1つ1つの結果に一喜一憂せず、『今やるべきこと』を着実に進めていきましょう!

さて。
1階カウンターの上に、日めくりカレンダーが置かれたのに気付きましたか?

題して『これを英語で言えますか?』
1日1問、様々なジャンルから問題が出ているので、毎日楽しみにしていて下さい♪

今日は、もう過ぎてしまった1月分から、いくつか問題を出します。

◎ことわざシリーズ◎

Q1.ローマは1日にして成らず。
(意味:大きなことを完成させるには長い年月が必要であるということ)

Q2.雨降って地固まる
(意味:雨が降った後は、以前にもまして地面が固くなるということから、悪いことが起こった後はかえって基盤がしっかりして良い状態になること)

Q3.学問に王道なし
(意味:学問をするのに安易な方法はない。※王道=王様の特権=安易なやり方)

当然ですが・・・
英語を考える前に、日本語の意味をきちんと覚えるようにしましょうね。
ことわざ自体は知っていても、その意味をきちんと理解できている人、意外に少ない気がします。

これらを知らないで社会に出るの、恥ずかしいですよ~~~

さあ!答えです。

A1.Rome was not build in a day.
ローマが主語なので、受動態になっていますね。

A2.After a storm comes a calm.
calmは、ここでは名詞なので”なぎ”という意味。形容詞だと”穏やかな”です。

A3.There is no royal road to learning.
最後の learning は、”学問の修得”という意味の名詞です。
ここをもし learn にすると、”学ぶための王道はない”…つまり、どんな方法でも勉強はできる、という、ちょっと違った意味になります。

皆さん、何問分かりましたか?

 ローマは1日にして成らず
皆さんの夢も一朝一夕では叶いません!
 雨降って地固まる
どんなに失敗しても、その失敗が成功の基盤を作るんだ!
 学問に王道なし
安易に成功や合格は掴めません。基本に忠実に反復を繰り返そう!!

安河内先生も仰っていましたよね。

楽しんでる奴が、勝つ!!

東進ハイスクール川越校 蒲原祐花