★低学年HR第1弾★ | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2020年 6月 16日 ★低学年HR第1弾★

みなさんこんにちは!今日のブログを担当する担任助手一年の川尻俊輔です!

今回のブログは6月10、13日に行われた低学年HRの内容について紹介します。
このHRは早稲田大学基幹理工学部学系2に所属している僕から早稲田大学の理工学部の紹介であったり、みなさんの夢、志また志望校の決定のヒントとなるような話をしました。今回はその内容についてみなさんに詳しくお伝えしたいと思います!

みなさんは早稲田には理工学部が3つあることはご存知ですか?
実は基幹理工学部、創造理工学部、先進理工学部という3つの理工学部があるんです。入試問題は共通ですが3つそれぞれ全然違って結構複雑なのでわかりやすく紹介します。

・基幹理工学部
→2年生進級時に学科を選択する、東大に似ている。
 学系というものがあり、学系1は数学系、学系2は機械科学、航空科学、電子物理システムなど色々な進路が選べる、学系3は情報系
・創造理工学部
→建築系、経営系、機械系のことを学ぶ。建築学科は学力試験に加えてデッサンの試験がある
・先進理工学部
→物理系、化学系、生命系のことを学ぶため、物理や生命系のことが好きな人にはおすすめ

かなり軽くまとめたので、もっと知りたいって人は担任助手に聞いたり、自分で調べたりしてみてください!

僕は早稲田大学基幹理工学部に進学しましたが、実は後期試験で北海道大学理学部にも合格をしました。
が、僕は北海道には行かず早稲田に行きました。それはなぜなんでしょうか?

1年間将来のことを考える期間があるからなんです!それゆえに東京大と早稲田の基幹理工学部を受験しました。
高校生の時の僕は夢もなく、興味のある物もなく、特別好きな教科もなく、学科が決められませんでした。そのため僕にはぴったりの場所だったんです。
そして授業が始まってまだ一ヶ月ぐらいしか経っていませんが最近興味を持てるものができました。それはプログラミングです!
プログラミングというのはコンピュータを人間の指示通りに動かすために行うことで、
これまで人間が目視、手作業で行なってきたことをコンピュータに効率的にかつ正確に行わせることができます。現在IT業界は人材不足である一方、今後のIoT化に伴いプログラミングの需要は増えて行くばかりです。
つまりプログラミングができれば就職にかなり強くなります!

話はそれましたが、今回僕が言いたいことは夢がまだ見つからない人はなんでもいいから「調べろ」ということです!
大学の授業でプログラミングをちょっと触れたぐらいで興味を持てるものができるってことは高校の時に何か調べてればそれがきっかけで夢を持てたかもしれません。ぼくは夢がなくて、とりあえず上の方の大学行ければなんとかなんだろみたいな感じで志望校を選んだため、東大に対してすごい強いこだわりがあったわけではありませんでした。東大いけたら最高みたいな感じで受験して、受けた感じで落ちたとは思ってたんですけどいざ合格発表で自分の受験番号が無いと結構きついです。みなさんにはそーなって欲しく無いんです。第一志望にうかるためにはもちろん学力は必要だけどそれだけじゃだめで、
志望校に対するこだわりが必要だと思います。こだわりを持つには夢が必要です。だから夢が決まってない人はぜひ何か調べてみてほしいなと思います。

ここまで読んでいただきありがとうございます。質問などがあればいつでも聞いてください!