突撃!!夏期合宿インタビュー!① | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2018年 6月 11日 突撃!!夏期合宿インタビュー!①

こんにちは!雨ですね~。梅雨まっただ中ってかんじですね。

梅雨が終わればついに夏!!夏がきます!やった~^^

東進の受験生にとって、夏の一番のイベントと言ったらやっぱり、夏期合宿じゃないでしょうか!

でも、夏期合宿って、どんなものなのかまだ分からない人が多いと思います。

そこで!

今日から毎日、生徒時代に夏期合宿にいったことがある担任助手に、行ったことがない担任助手からインタビューをしてもらった様子を載せていきたいと思います!!

 

まず、本日のインタビュー記者は仲西先生!佐藤陸人先生へのインタビューです!

 

仲西「こんにちは。今回は夏期合宿に行ったことのある佐藤陸人先生に色々聞いていきたいと思います!」

佐藤「よろしくお願いします。」

仲西「どうして夏期合宿に行こうと思ったの?」

佐藤「去年のこの時期、第一志望校合格にはほど遠くて上位層に追いつかないといけないという思いから行こうと思ったんだ。」

仲西「そっか~。今の自分を変えたいと思ったんだね。合宿中は英語しかやらないって聞いたけど他の教科の勉強は大丈夫なの?」

佐藤「確かに5日間英語しかやらないけど、その5日間によってそれ以降の1日の勉強時間が大幅に増えて他教科にまわせる時間も増やすことができたからあまり心配する必要はないと思う!」

仲西「なるほど。長い目で見れば合宿に行ったほうが良いってことか!実際に合宿に行ってどうだった?」

佐藤「意識の高い人が多くて同じクラス、班の人はみな志を高く持っていてとてもいい刺激になったよ。そういう環境で限界まで頑張れたからこそ、参加する前よりも勉強時間を確保できるようになったし、より集中して勉強することもできるようになったと思う!」

仲西「夏期合宿に参加することで知識が増えるだけでなく、大学受験に対するモチベーションや勉強の量や質さえも変えることができるんだね。」

佐藤「うん、本当に参加して良かったと思う。今のままだと第一志望校に届かない…でも絶対に合格したい今の自分を変えたい!と思っている生徒には是非参加してほしい!」

仲西「陸人先生ありがとうございました。興味のある生徒は気軽に担任や担任助手に声をかけてみてくださいね。」