☆立教対策ってどうやるの?☆ | 東進ハイスクール川越校|埼玉県

ブログ

2016年 9月 20日 ☆立教対策ってどうやるの?☆

こんにちは。担任助手1年の市川です!

突然ですが、私の通う立教大学は池袋と新座という立地的にも川越校の生徒に人気のある大学になっていて、多くの生徒が志望しています。では、

立教大学に受かるにはどうすればいいのか?

去年の合格者として、皆さんに少しだけアドバイスをしたいと思います。

私の受験した科目の話になってしまいますが、お付き合いください。

 

まずは何と言っても英語です!英語を得点源にすること

これは必須条件ともいえると思います。

立教の英語は短時間で長文を読ませてくるので、過去問を使って時間を測りながら演習していくと良いと思います。

国語は比較的他の受験者と差がつきにくい科目になるので、よっぽど国語が得意でもないかぎり、英語で負けていると厳しい戦いになるのではないでしょうか。

ここは頑張りどころですよ!!今後の英語の勉強はより一層気合入れていきましょう!

 

そして国語。立教の現代文には特徴的な「本文の内容にあっていれば1、間違っていれば2を答えなさい」という問題があります。

この問題、すこし厄介だなと思う人もいると思います。わたしもそうでした(笑)

しかし!ここの攻略も大切になってくると思うので、過去問演習をガンガンやっていきましょう!

立教大学は学部間の問題の傾向に差があまりないとよく言われます。自分が受けない学部の問題も、練習にはかなり使えますよ!

また、漢字の問題は必ず正解しましょう。例年読み、書き取りの問題は出ているのですが、きちんと一冊漢字のテキストなどを完成させていれば大丈夫です。

皆が必ず取ってくる問題で落とすのは痛いです。漢字が苦手な人、毎日少しでいいので時間を取ることをオススメします。

 

最後に選択科目。わたしは日本史選択だったので日本史に偏った話になってしまいますが、問題レベルはずば抜けて高い、良いう訳でもないと思います。

しっかり教科書に書いてある知識が頭の中に入っていれば十分戦えます。

教科書やテキスト、資料集を読みこんでそれを何度も繰り返す

単純な勉強法に思えるかもしれませんが、一番重要な事です。

覚えなければいけないことが多い科目は秋以降の追い上げも可能だと私は思います。まだ入っていない知識はここからきっちり覚えていきましょう。

インプット→アウトプットの流れを繰り返すのが暗記科目攻略の近道です。

 

さて、いかがだったでしょうか。みなさんの今後の立教対策の参考になれば幸いです。

来年の春、立教大学のキャンパスで会う未来の後輩を応援しています(^○^)☆

がんばれ、受験生!!

各種お申込みはコチラから↓




川越校 市川